育毛剤,成分

30代の薄毛治療に使える代表的な育毛剤の成分

薄毛治療におすすめの育毛剤成分

医師

 

30代で薄毛になってしまう男性が近年増えていますが、この年代は、まだ薄毛にが起こる割合としては低いために、改善できる可能性は多いと言われています。

 

 

30代で薄毛になってしまう原因には、加齢や男性ホルモンであるテストステロンの減少やホルモンバランスの崩れ、ストレス、睡眠不足や不規則な生活習慣、栄養不足、男性型脱毛症が挙げられます。

 

 

年齢による衰えや、ホルモンバランスの崩れはどうしても起こってしまうものであるため避けられませんから、自分の薄毛や脱毛の状態が遺伝が原因で起こる男性型脱毛症なのか、生活習慣の乱れによって起こる、脂漏性脱毛症や粃糠脱毛症なのかを知ることが重要になります。

 

正確に判断することは難しいので、正確に原因を知りたい場合は皮膚科や脱毛専門のクリニックで診療を受けると安心できるでしょう。

 

生活習慣の乱れから起こる脱毛の場合は、改善できる可能性が高いです。生活習慣の乱れによって起こる、脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症は、ケアによって解消できるのです。

 

 

脂漏性脱毛症は、洗髪不足や頭皮環境が不衛生になることにより、皮脂が毛穴に詰まってしまい頭皮が炎症を起こしてしまう症状であるため、毎日頭皮と髪を洗うことが大切です。

 

 

粃糠性脱毛症の主に原因は、乾燥したフケが大量に発生し、フケが頭皮に蓄積されて炎症を起こして脱毛させてしまうため、頭皮の清潔にすることが必要です。ただ、頭皮の不衛生だけでなく、ストレスなどの内的要因によって起こるので、ストレスの解消なども必要になります。

 

 

男性型脱毛症は、30代や40代で急激に頭髪が薄くなってくるため、そのようになった場合は、AGAであることがほとんどです。AGAは、ミノキシジル、フィナステリドという成分を使用した育毛剤の使用が最適です。

 

 

これらは、厚生労働省が承認した30代 育毛剤であるため、日本国内でも手に入れることができます。

ホーム RSS購読